私の会社では賃貸を寮としまして社員に提供しております

デザイナーズ賃貸物件について、その特徴やデザイン、メリットやデメリットを交えながら説明いたします。

私の会社では賃貸を寮としまして社員に提供しております

デザイナーズ賃貸物件について

デザイナーズ賃貸物件について、その特徴やデザイン、メリットやデメリットを交えながら説明いたします。デザイナーズ賃貸物件とはオーナーが特殊なコンセプトを以って改装した物件であり、こだわりのある住まい手に向けて供給する賃貸物件となっています。その多くは確固としたコンセプトがある物件が多く、具体例としては集合住宅にはあまりないメゾネットタイプの住宅であったり、少しレトロな印象を与える内装を採用していたり、オフィスとしても利用できるSOHOスタイルの物件や、眺望が良い物件、天井が一般的な住宅と比べて高く、開放感のある物件などが挙げられます。

このような物件にはインテリアデザイナーや建築家が関わっているケースが多く、物件のオーナーはデザイン料とリフォーム費用などに大きなコストをかけているため、家賃は一般的な家賃よりも高くなる傾向にあります。デザイナーズ賃貸物件の注意点としては、あまりにデザインにこだわり過ぎたため生活しにくいケースがある点が挙げられます。具体例としてはシンプルモダンで素材を引き立てるデザインの物件などの場合はコンクリートの打ちっ放しの仕上げにしている事例が多く、断熱性がなく、夏は暑く冬は寒い光熱費が割高な物件になってしまうケースがあります。デザイナーズ賃貸物件にはデザイン性と快適性を両立した物件を選ぶことが重要となります。
Copyright (C)2018私の会社では賃貸を寮としまして社員に提供しております.All rights reserved.